舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

白い封筒

最近、少なくとも週1回はトロンボーンを吹く機会があるんです。
ま、そのことは最後のほうに書くとして、先日久々に楽器の手入れをしようと思って楽器を出して、手入れ道具やら何やらを出していたときに、僕はあることを思い出した。

僕がドイツに行く前に祖母や母が僕の大好きだった祖父の写真を持たせてくれた。
僕にとってこれは何よりのお守りだった。
白い封筒にその写真を入れて、僕はその封筒を楽器ケースのとあるポケット部分に入れていた。

ハンブルグに行ってすぐに、生活のこととか楽器のことで悩んで、先輩や先生が心配してくれて送ってくれたメールも、プリントアウトして、祖父の写真の入った封筒にいれて、常に楽器と一緒に持ち歩いていた。この封筒の存在は、音楽を辞めるまで、1?2ヶ月間、ものすごく僕を支えてくれたものだった。

でも結局僕は音楽を辞めた。あんなに吹くのが大好きだったのに、それまでの1年間、吹くことが楽しくも無く、毎日辛くて、仕舞いにはストレスで体も壊して、もうまともに吹ける状態じゃなくなってた上に、最終的にの先生への不信感が一気に爆発。これ以上楽器をやっていくには耐えられなかった。

音楽を辞めてからしばらくは楽器も見ない日が続いた。
その上、どんなに有名な奏者が来ようが、どんなに魅力的なプログラムだろうが、僕はコンサートには行かない&家では今まで以上にクラシックもトロンボーンも聴かなくなった。

そうやって生活していくうちに、楽器ケースの入った祖父の写真、メールの存在を僕は忘れていた。
それをつい先日思い出して、しまってあった場所のチャックを開ける。

白い封筒は、相変わらずそこにあった。

僕は祖父の写真を取り出し、そして2通のメールを読み返した。

大学時代に、いろいろお世話になった麻子先輩からのメール。
自分がスランプに陥った時のことが書いてあった。

【必ず抜け出せる。諦めさえしなければ】

国井先生からのメール。
当時僕が悩んでいた事へのアドバイスが書いてあった。

【今の君に足りないのは気合のみ】

このそれぞれの文章が僕にはものすごく衝撃だった。

確かにそうだったかもしれない。いや、そうだった。
いまだから冷静に当時の自分を見つめ返せる。けど、もう遅い。
僕は新しいことに今挑戦してる。

でも今の自分にだってこの事は当てはまる。

僕はこの封筒を普段使ってるかばんに移した。
封筒はボロボロだけど、新しいのを使う気にはなれない。このままの封筒だからこそ、意味があるように思える。


最近、Creepsのメンバー数人でバンドを始めた。といっても、誰かの曲をやったりとかじゃなくて、簡単にみんなでセッションしてるだけなんですが。

今年の7月の練習後に、誰がどの楽器が出来るかみたいな話になって、僕はもちろんトロンボーンと、ドラムが出来ると言いました。
それで、みんなでとりあえず貸しスタジオでやってみようってことになり、僕はトロンボーンとドラムスティック持っていつも出かける。

あんなにボロボロだった僕のトロンボーンの音。
実は今は結構調子が良い。
音は相変わらずだけど、今は何より吹くのを楽しめてる。

先日、指揮の勉強でドイツに来ている人と知り合った。
本来はトロンボーンの勉強でドイツに来た事を伝えた。そして冗談交じりで、

『数年後には吹けるようになってますから、そしたらコンチェルトのソリストで呼んでください。』

ってそんな話をしてた。
それは無理にしろ、せめて前みたいに、吹ける様にはなりたいかなって思います。

もちろん、【趣味】としてですけどね。


こうなれば、その封筒の役割はもうトロンボーンには無い。

今は、写真の勉強の大事なお守りになっている。

スポンサーサイト
Leben | コメント:0 |

充実してます

学校が始まって1週間・・・と思いきや、実は先週の金曜日に衝撃の事実発覚。

月?金にフルに授業があるかと思いきや、実は学校から送られてきた時間割表は、様々なコースの時間割が一緒に書いてあって、僕のクラス【GK92】の場合、週1、多くて週3。

先週の金曜日の授業の前に、そんな話を聞いて、クラスメートの全員がびっくり!

『え!そうなの!!』

みんなナイスリアクション。

かくいう僕も、かなりな驚きをした訳ですが、それ以上に思ったことは授業の無い平日の使い方。
今週は今日しか授業が無いんで、先週3日間分の復習とドイツ語の勉強は出来たかと思います。


昨日の夕方は知り合いから写真撮影の依頼を受けて行ってきました。
その前日にネットオークションで落とした新しいレンズも届き、室内撮りだしもってこいだと言うことで、僕自身、いろんなアングルや設定で新しいレンズでいろいろ実験も出来ました。
今までのレンズと違って、結構明るいので、光量などにはかなり気を使いました。場所も、依頼者のバイトしている人形劇場だったので、ある程度照明もありましたし、だいぶ助かりましたし、、ライトの当て方、加減なんかもいろいろ体験できました。

撮影した写真は、コンサートのチラシやポスターになるそうです。
どんなポスターになるのか、僕も楽しみにしています。


では、僕はこれから学校へ。
今日は理論と写真の歴史の授業。
ドイツ語難しそう・・・。

Leben | コメント:0 |

今日から始まります

今日から僕の学校が始まります。

期待半分、不安半分といってところでしょうか。

月曜?金曜(金曜は13時まで)の10時から17時、間に昼休みが1時間あるため、毎日6時間授業です。
毎日学校で授業、しかも6時間なんて高校生以来、10年ぶり。

語学学校ですら3?4時間でしたから。

今は昼ごはんのおにぎり用のお米を炊いて、その間いろいろ準備中。


では行ってきます!

Leben | コメント:4 |

ドイツ晴れでした

本日の天候 曇り時々雨

最高気温 4度(体感気温 0度)
最低気温 3度(体感気温 ?1度)

太陽が見えた時間 0分


今日は素晴らしいドイツ晴れでした。
一日中曇りて、時折小雨が降り、気温も一定して変わらない。北風が吹いていました。


3年前にドイツに来たときのこの時期に比べたら格段に寒い。
先日はミュンヘンあたりで、すでに降雪が観測されました。
あの当時はまだトレーナーを着るくらいで大丈夫だったのに、今年は1ヶ月以上早く冬の到来。
予報では明後日辺りに雪が降るとか振らないとか・・・。


今日出かける際に、昨年の12月に買ったジャンパーを10月半ばで着ました。
手袋も出そうかと迷うくらいの寒さです。
明日も今日と同じ天気。

考えてみたら、ドイツって1年の半分近くを冬が占めてる気がします。
これから来年の3月くらいまで、寒い日が続いていくわけです。
うつ病が多いのも頷ける気がします。

06年から、4回目の冬を迎えます。
せめて、この灰色の冬を、明るく過ごして生きたいと思います。
DSC_0024.jpg


Leben | コメント:2 |

オランダ制覇!

日本とは違い、陸続きのヨーロッパ。
隣の国に入る事なんて容易なもんです。

先日、ドイツの西に位置する町【Aachen】(アーヘン)に行ったときの事。
ものの1時間で見るものを見てしまい、時間を持て余した僕はそのままバス乗り場へ。

アーヘン中央駅からバスで1時間(5ユーロ)、そこは隣国オランダの町【Maastricht】

DSC_0025_20091013184014.jpg

Maastricht駅前にバスは到着。折角なので駅構内を少しぶらついてみた。
駅構内は照明もついてなくて薄暗い。
ホームに入ってきた電車もなんだか薄汚い・・・。
DSC_0022_20091013184014.jpg

オランダ語はドイツ語に似ている。
道の看板もなんとなく理解できるし、オランダ語も、なんとなく訛ったドイツ語のように聞こえる。

DSC_0033_20091013184014.jpg

なぜか物凄い人だかり。
DSC_0034_20091013184014.jpg

この町はドイツやベルギーに近いためか、両国のファーストフード(?)であるカリーブルストやワッフルが食べられる。


オランダでは(?)原付はノーヘルで乗れるらしい。
DSC_0028.jpg

橋の上から町を眺める。
DSC_0032_20091013184222.jpg


オランダにはアムステルダムなど有名な町がありますが、とりあえずオランダには上陸したので

【オランダ制覇!!】

という事で・・・。

Holland | コメント:0 |

ハーモニカを買ってみた

久々にドイツ生活についての日記です。

先日、蚤の市に行ったときにハーモニカを発見しました。
なかなか大きな市場で、家電や骨董品、生活雑貨、服、あらゆるものが所狭しと並んでいました。

実は以前からブルースハープを吹けるようになりたいなぁと考えていました。
それに、ドイツには世界的にも有名なハーモニカのメーカー【HOHNER】がある。

いつかはHOHNERを・・・なんて思っていた矢先に、広場の奥の、ほんの一角にHOHNERのハーモニカを発見!!

それで思わず購入。
DSC_0075_20091008043406.jpg
箱つきで30ユーロ。調はCですが、横に転調するボタン(キー)がついてます。


DSC_0077_20091008043406.jpg

低音のCの音が若干上ずってますが、ほかは問題なさそうです。
これでブルースが吹けるのかどうかは定かではありませんが、ま、練習する分には良いでしょう。


ただ、同じ型が日本でいくらになるのか、ほんの少し気になります。
もし高額になるのであれば・・・ちょっと考えますね。


しかし侮れない蚤の市。
最近知り合った日本人の方と行ったんですが、その人は日本でアパレル関係で働いていた為、ブランド品のアクセサリーや服などをいろいろ発見していました。
60?70年代のディオールのサングラス(日本で4万円以上するそうです)をガラクタ市から発見。1本15ユーロを3本で30ユーロで購入。ドイツの蚤の市が

『知らない人にはガラクタの山、知ってる人には宝の山』

というのを改めて感じました。日本だったら3万以上するジーンズが60ユーロとかで買えます。
しかも本物。
日本から買い付けに来る人も多いというのは、うなずけますね。

Musik | コメント:0 |

やっぱり鬼門、外人局

今日、無事にビザが貰えました。

しかし、一難去ってまた一難。問題は続く。


先日、【5日の8時に外人局に来い】という連絡があり、今朝早くに外人局に向かいました。
出来るだけドイツ人と一緒に行った方が良いということで、近所に住むホストファミリーに連絡をして、たまたま今そこに住んでるボリビア人のビザの事で聞きたいことがあるからと、母親、ウィプケが一緒に付いて来てもらいました。

これで百人力。

8時少し前に到着して、鬼門である【24番】の部屋に入る。


やはりあのおばちゃんがいました。


しかもこのおばちゃん、どうやら窓口担当官のトップらしい。
手強いのも頷ける。

しかし前回着たときに比べたら、口調はやや穏やか。やっぱりドイツ人と一緒に行けというのは本当でした。僕のビザに関しては、事前に学校からも連絡があったので、これといって問題もなくスムーズに行きました。しかし今住んでるボリビア人のことに関してはやはり融通は利かず、一緒に行った流石のウィプケも困り顔。

9時過ぎにようやく僕のビザが出来あがり、

『あ?、これでようやくこの問題も解決した。』

と安堵して、外に出てもらったビザを確認したら、大変なことに気がついた。

僕の発行されたビザには、就労に関してまったく記載されていない。
つまりバイトが出来ないということ。

これを見たウィプケが『これはあまりにひどい』という事で、また外人局に掛け合ってくれるそうなので、なんとかしなくては・・・。

まあ、何はともあれ2年のビザは下りましたが、僕の戦いはまだまだ続く。

Leben | コメント:3 |
| ホーム |