舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

心に不安があるのなら

【生業】というものがある。
人が生きていくうえでの仕事のことだ。

人が社会に出て仕事をすると言うことは、すなわちその仕事のプロになると言うこと。
先生だったら指導のプロ、サラリーマンだったらそれぞれ販売、企画、交渉などのプロなど。
自分が生きていくために働いてお金を得ているのならばそれは立派な生業である。

『今現在、将来自分がやりたいことが、本当に自分の生業なのだろうか』

と考えたときに、ちゃんと生活していけるのかどうかなど、少しでも心に不安があるのなら一旦立ち止まって、よく自分を見つめ直してみよう。それでもやりたいなら突き進めばいいし、思いなおして別の道を選ぶもその人の自由。
誰にだって将来のことは分からないのは確かなこと。

ただ、それまでの段階でどれだけ自分の力を信じきれるかが大事なんだと僕は思う。

僕は音楽を辞めた。
日本にいる時から僕の心には迷いと不安が渦巻いていた。
ドイツに来てそんな自分を打開したかったけど、結局は楽器が吹けない状態にまでなってしまった。
僕は自分の心に負けたんだと思った。もう僕が人前で楽器を吹くことなど二度と無い。
【ドイツに行って大成できなかったら僕は楽器を辞める】
そう決めてドイツに渡った。それは自分との約束であり、けじめ。
今後日本に住むことになっても僕は二度と音楽の世界には足を踏み入れないだろう。
趣味としてやるとしても、しばらくは自分の中で間をおきたい。
でも後悔はしていない。

こうなったことは自分にとって音楽が天職である【生業】ではなかったと言う事に気がついた。

親しい友人と何時間も話し込んだり知るうちに、いろんな考え方を教えてもらっている。


今の僕の心には不安なんて微塵もない。
僕はこれから写真の勉強を始めるが、前みたいにもう自分の心に負けることだけはしたくはない。
絶対にこの仕事で自分は生きていくんだ!と思わなければ必ず不安に負けてしまう。

だから僕は強い意志を持って新しい世界に乗り込む。

10分前後の小品や、20分位協奏曲や、50分位の交響曲に自分のベストを尽くす世界から、0コンマ何秒の世界のほんの一瞬を切り取る写真という世界へ。

最近はこうやっていろんな文章を書いている。
文章を書くことも楽しくなってきた。まだまだ未熟な内容だったりするけど、頭の中でいろんなストーリーを考え、文章にしていくのも今は自分の楽しみの一つ。

僕はもっといろんな世界が見てみたい。
その一瞬の光景を切り取って、文章にしていけたら今の僕にとってなにより幸せなことなのかもしれない。

スポンサーサイト
Leben | コメント:2 |

HamburgとBeatles

イギリス、リバプールで結成され、世界的なバンドの成長していったBeatles。

そんな彼らが3度ハンブルグでライブを行っている。
そのライブハウスは現在も存在する。
meine foto 122

ハンブルグの歓楽街Reeperbahnから、わき道に入ったところにそのライブハウスはある。

入り口にはBeatlesに関する記述が記してある。
meine foto 123


このライブハウスから大通り向かっていったところになるのがBeatles Platz。
meine foto 124

ポール、ジョン、リンゴ、ジョージの4人モニュメントから、一人離れてたっているモニュメントがある。
スチュワート・サトクリフである。彼は1960年のハンブルグ公演の2年後に他界している。
彼のモニュメントは、なぜか寂しそうに4人のメンバーを見ているように立っている。
Deutschland | コメント:3 |

誕生日パーティ

もう一週間も前の話ですが、先週我が家で僕と彼女の誕生日パーティをしました。
部屋が狭いので10人ほどしか呼べませんでしたが、なかなか面白いパーティになりました。

meine foto 028


みなさんからいろいろ頂きました。本当にありがとうございました。

19時過ぎから始めたパーティーも気づけば深夜1時を過ぎ、沢山話して沢山笑って沢山飲んだパーティでした。

あと1ヶ月でHamburgとはお別れ。
数少ない僕の友人の皆様とお別れするのは寂しいですが、本当に楽しい時間を過ごすことができました。
Leben | コメント:1 |

八戸の冬の祭り【えんぶり】



今日から地元八戸では冬の祭り【えんぶり】が開催されている。
その年の豊作を願うお祭りで、夏の三社大祭と違って、実に厳かで、かつ優美な舞が見ることが出来る。

えんぶりにも大きく分けて2種類ある。【どうさいえんぶり】と【ながえんぶり】である。

どうさいえんぶりは、動きの活発な踊り方で、ながえんぶりは昔からのゆったりとした踊り方。

添付した動画はながえんぶりである。
どうさいえんぶりはみな、前髪といわれるテープ状の物をつけているが、ながえんぶりにはなく、代わりに、リーダーの烏帽子(えぼし)にはボタンの花などの装飾が施されている。動画で見れば左側の人がリーダーにあたる。

百聞は一見にしかず。
実際にこの目で見てもらえばどんなものかは一番分かりやすいと思うので、是非お時間のある方は八戸まで行って鑑賞して頂きたい。

折角なので僕お奨めの鑑賞の仕方をお教えいたしましょう。

17日から20日まで日中も開催されてはいますが、是非見ていただきたいのは夜の神社の境内での舞い。こればかりは天候によりますが、是非雪が積もった状態での舞がお奨め。
ちょうど添付した動画の状態。

照明が雪に反射して実に幻想的な演出の手助けをしてくれている。
しかし寒いので防寒対策を忘れずに・・・。

Japan | コメント:0 |

人と出会うという事

今まで生きてきて誰もが経験する【出会い】
文中はあくまで僕の勝手な見解です。みんなそれぞれ個性を持った人間です。いろんな考えがあると思いますが、あくまで【僕】という人間の見解だというのを前もってご了承お願い致します。


生きていれば誰だって誰かと知り合う。
知り合いのいない人なんていない。『自分には知り合いがいない』って言う人にも、必ず誰かは自分のことを知ってるはず。

今まで生きてきて何人と出会ったんだろう。何百人と出会ってきた。
でもその全員を覚えているかって言ったら、その数は半減して、今でも連絡取れる人といったらまた数は激減するだろう。

【出会いは別れの始まりで、別れは再会の始まり】

って僕は思っている。
でも数ある【別れ】のうちに、【再会】に繋がることはごく稀なことである。しかも、自分では気がつかない【別れ】だってあるはずだ。

人は別れがあるって知っていて、なぜ出会ってしまうんだろう。
別れる度に悲しい思いをしてまでも。

僕の経験した【別れ】で、【再会】って言うのは本当に少ない。偶然の再会なんて皆無だ。
出会って別れた人で、もうこの世にはいない人だって何人もいる。

友達は多いほうがいいかもしれない。でもその人は自分自身にとってどんな存在で、どんな影響があるのかによって、これといって何も無い人だった場合、別れて時間が経った場合、悲しくもその友人は自分の中から消えてしまう。特別なインパクトが自分の中に残っていない限り。

だが、その人がどんな人なのかは付き合ってみないと分からない。
付き合っていく中で、無意識のうちに自分の中でふるいにかけてしまっているのがなんだか悲しい。

しかしどうしても生きていくと何が何でも人との【出会い】がある。

極端な話、人と出会いたくないから悪い事をして塀の中に入っても、看守と出会い、他の服役囚とだって出会う。


僕にとって、今まで出会った友人は皆大切な人たちだ。
ただ、これだけは言っておかなければならない。
先に書いたように、僕だって数多い再会のない別れを経験してきた。そんな経験を今思い返して、僕はこう思うようになった。

僕はこれ以上、人との別れの数をあんまり増やしたくない。
そうなれば必然的に出会う人の数が減っていく。

でも僕はそれでいいと思う。
その人が自分にとってどれだけ大きな影響を与えてくれるか分からないけど、自分が生きていく上で大切なことがある人なら、僕はその人と出会って良かったと心から思うだろう。心からその人のことが信用できるなら尚更。

数多くの別れを経験する【出会い】より、数少ない【出会い】で自分を成長できる人と出会える【狭くて深い】人付き合い。なんだかんだ言って、実はこれが難しいかもしれないですけどね。
Leben | コメント:2 |

誕生日に貰ったもの

昨日の10日で28歳を迎えました。

しかし、今までの誕生日で一番うれしくないもらい物を貰いました。
その名も


【ものもらい】


右目のまぶたが少しずつ腫れてきてます。
いつも目を洗ってはいるものの、なんかボコッと腫れてきそうな感じです・・・。

Leben | コメント:2 |

白か黒か、白黒か

今日は朝から忙しい日でした。

朝早くからLeoを去勢の為に動物病院へ連れて行き、その後日本の免許証をドイツの免許に書き換える手続きのため交通局へ行き、一度家に帰ってきて、語学学校へ行き、夕方Leoを迎えにまた動物病院へ行ってというスケジュールでした。

前からやろうと思っていたLeoの去勢&免許の書き換えをやる事が出来ました。
しかも免許は日本で言ったら大型自動二輪が取れそうです。ドイツは日本と分け方が違うので、危うくスクーターまでになるところでした・・・。なんとか説得できてよかった。



最近、白黒写真を撮るようになりました。
カラーとはまた一段に難しい感じがしますが、色が余分に無い分、強調したい部分の表現がやりやすいんじゃないかって思いますが、実際はやはり難しい・・・。

水墨画で有名な雪舟は、改めて思うと物凄いことを考えたもんです。

まだまだ修行が足りませんね。
meine foto 013

meine foto 008

Foto | コメント:0 |

WBC日本代表が抱える問題

昨日、ネットのニュースに書いてあったWBC日本代表に関しての記事を読みました。
それは僕が以前から思っていたことが問題となっています。

外野でレフト専門の選手が選ばれていないという事で、守備に大きな穴が生じている。

実際に野球やソフトボールをやったことの無い人には分かりにくいことだと思います。

では少し思い出してもらいたいのですが、


なぜ内野はポジション別に選出されているにも関わらず、外野手は【外野手】として括られているのか。


僕の情報不足かもしれませんが、外野手をポジション別に発表しているのは見たことがありません。


今回の問題は昨年の北京オリンピックの時から浮き彫りになっているはず。
西武から日本代表に選ばれたG・G佐藤選手。不慣れなレフトの守備でエラーをしてしまい、その後精神的な不調にまで陥って、チーム復帰後もその不調に悩まされた。


僕はリトルリーグに所属していたときはライト。もちろんライトの動きをみっちり教え込まれた。
ドイツに来て、Creepsに入ってからの守備位置も始めはライト、そしてセンターに移った。

正直な話をすると、ライトからセンターに変わっただけで、僕は物凄く不安を感じた。
普段から見慣れたアングルが多少ずれただけで、動き方が分からなくなるし、身体に染み付いたグラウンドの距離感などが一切無力になる。
それは徐々になれていくのだが、なかなかそう簡単なものではない。

1回だけ試合で全くやったことの無いレフトをやったことがあるが、それまでライトだった僕にとって全てが逆。左中間にボールが来たときはチームメイトとボールを取り合いするところだった。

その試合はいつも異常に疲労感があったのは言うまでもない。


一概に外野手といっても、動き方は全くことなるし、バッターがどっちの打席に立っているか、ランナーがどこにいるかでまたいろいろ考えなければいけない。
確かに内野手というのは専門的な動きで左右されるわけだが、さらに外野手は内野手以上の守備範囲を担う。
今度野球を生で見る機会があったらぜひ外野手に注目して欲しい。
内野で処理できるボールだと思っても、カバーするために後ろで動かなければいけない。どんなシーンでも必ず外野手は動いているし、それぞれが違う動きをしているはず。


現在日本代表では稲葉選手がレフトの練習をしているようだが、僕は稲葉選手に是非がんばってもらいたい。『選び直せ!』なんて事は言えないからがんばってもらうしか無い。折角選ばれたんだから、日本の為にも、ぜひ重要なポジションを我が物にしてもらいたい。

最後に、外野というポジションの見つめ方、考え方をもう一度考え直してもらえたらと思います。
Sport | コメント:3 |

これも和みます。



Leben | コメント:0 |

和みますね?



Leben | コメント:0 |

上の住人と今日の1曲

今の家に引越しから、何気に気になるのが上の住人。

平日の午前中から音楽が聞こえてきたり、挙句の果てに夜にボンゴのような打楽器をたたいたり。
足音はでかいしね。

これといって被害があるわけじゃないから別にいいんですけど、もしこの部屋に老人や、ヒステリーな人が住んでたら、真っ先に文句言われるんだろうな。

ドイツってそんな人がいます。
自分が不快だと思ったら真っ先に文句をいう。
自分中心の考えの人とか、空気が読めない人。


先ほど上の部屋からジャクソン5の【I WANT YOU BACK】が流れてきました。
そんなわけで、今日の(?)お勧めはこの曲です。



Musik | コメント:0 |
| ホーム |