舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

事件から一夜明けて

以前から『いつか起こるだろう』と思っていたベルリンでのテロが起きてから一夜明けた。

街はいつものように人も行き交い、まるで昨日のことはなかったかのようにも感じた。
でも一様にみんな、お互いの無事を喜び、犠牲者の方々への哀悼の意を述べる。

ついにベルリンでもテロが起きた。例の集団からの犯行声明も出た。
ただ、この犯行声明は、乗っかった感が否めない。

警察は現場から逃走したと思われた犯人をなぜか釈放した。
真犯人は他にいるとの見方だが、果たしてそれで良かったのか。

事件が起きる前に、妻と現場周辺に行く予定があったが、特に急ぎの用でもなく、僕の所用に付き合ってくれていた妻がだいぶお疲れのようだったので、予定を途中で切り上げ、家で妻と夕食を取った後に事件のことを知った。

僕は人混みが嫌いなので、好んでクリスマスマーケットには行かない。
でも妻はこの時期ウキウキしているので、もしかしたら『あそこのクリスマスマーケットに行こう』と言ったかもしれない。

ある意味僕たちは運が良かったのかもしれない。
もしかしたら巻き込まれていたかもしれないし、目の前であの惨劇を見てしまったかもしれない。
僕はついに身近で起こったテロを目の当たりにして思ったのは、

『巻き込まれるか否かは運でしかない。』

ということ。
つい先日までベルリンの街は地下鉄の階段で起きた『蹴落とし事件』で持ちきりだった。
地下鉄のホームに向かって階段を降りていた女性が、後ろから男性に蹴落とされて、顔に怪我を負い、腕を骨折した事件があった。
この事件も十分な衝撃を与えたが、今回は夏にフランスでも起こったトラックによる暴走事件。
あんな巨大なトラックが目の前に現れて、お店や人をなぎ倒しながら向かってきたら、多くの人は足がすくんで動くことができなかったのではないかと思う。

『気をつけて』

と言われても、あんな状況だったらどうしようもなかっただろう。
目の前にトラックが突っ込んでくる。そのような状況で誰が理性的に行動できるだろうか?
そう考えたら『運』でしかないと思った。

しかしベルリン警察が公式Twitterで、Facebookでの安否確認を推奨していたことに驚いた。
確かに身元確認作業の手間が大幅に省くことができたかもしれませんが、もうベルリンにいない人が、現在地ベルリンになっている人も大勢いました。しかし、多くの人たちが更新された安否確認を見て安堵したことだろう。
でも事故直後から1時間ほどはFacebookに接続しにくい時間だった。


クリスマス前に、悲しみに溢れたベルリン。
現場では多くの献花が始まっています。




スポンサーサイト
Berlin | コメント:0 |

壁崩壊から26年

僕が人生で初めて写真を見て衝撃を受けたのが、26年前のベルリンの壁崩壊の写真だった。

あれから26年。
思えばこの日、11月10日に変わった時に、あの写真と同じようなアングルからこれまでも何度か写真を撮った。
th_20151110-KHP_4395.jpg

ネットで当時の写真をみると、奥にはブランデンブルグ門。その手前に壁と、壁に登ってる人々。そして多くの民衆が壁の前に集まっている。
当時と比べると、この場所はかなり綺麗になった。当時と見比べると、門も燻んでみえるし、隣にはまだアメリカ大使館もない。殺風景なところにこの門はたっていた。

僕にとっては歴史的な日。でもこれといってベルリンでは何もなく。むしろ、正式にドイツが一つの国になった10月3日、統一記念日が祝日となっている。

この景色はこれからも変わる事はないかもしれないけど、僕にとってはここからの景色は特別なものなのです。



Berlin | コメント:0 |

グリルの季節

今日は職場の日本人でグリル。

数日前の天気予報では雨マークが付いていたんですが、そこは驚異的な晴れ男晴れ女の集まりで一日中晴天に恵まれました。

気温も暑すぎず、ちょうど良く過ごしやすい。時折吹く涼しい風を感じながらひたすら肉を焼いてました。


12時に集合して気がつけば18:30。
あっという間に時間が過ぎてしまうくらい、飲んで食ってアホ話しました。

さあ、明日から新たな1週間が始まります。


Berlin | コメント:0 |

変わりゆくベルリン

先週の日曜日。今請け負っている仕事の撮影のため、ベルリンの観光スポットを久々に回った。

東側のスポットから西に向かって移動する。Ostkreuz駅は定期的に使う駅なので、これといって感慨深いものはなかったが、僕がドイツに来た当初は小汚い駅だった。
南北にいくつかの石でできたホームが並び、半分近くのホームは使われていなくて、石の隙間から多くの雑草が伸びていた。ある夏の日。電車を待っていた時の光景を今でも覚えている。目の前には寂れたホームがあり、空はオレンジ色の夕焼け。その光景がなんとも綺麗で、その時にカメラを持っていなかったことを今でも後悔している。
今ではガラス張りの2階建ての駅になり、上にはRing(環状線)、小汚かった石作りのホームの大部分が撤去された。

次に行ったのはAlexander Platz。
ここは駅を降りれば、目の前に高さ365mのテレビ塔がどーんと見えていたのが、左側に黒い建物のショッピングセンターができて圧巻の景色が半減。

ベルリン大聖堂の周辺は現在王宮の建設中。その他いろんな建物が改修・補修工事中。
Unter den Lindenも地下鉄工事中であまり綺麗とは言えない。
変わらないのはブランデンブルグ門くらいでしょうか。あの周辺はもうこれといって新しく何かを建てることもないでしょう。
でもなんか昔に比べたら小綺麗になったようにも僕の目には見える。

先日はZoo周辺に行った。
駅の目の前にあったホステルが入った建物がなくなり、少し前ですが、駅の前には20階建てくらいのビルが建ち、動物園の入り口に向かう途中の建物は昔、薄汚いお土産やさんなどが並ぶ通りだったのが、昨年くらいにショッピングモールに変身。夜になると人通りが少なかった2006年とは比べ物にならないくらいの変貌を遂げてしまった。

そもそもの理由は、未だに建設が進まない&終わらない新空港の影響を受けていると思われる。
空港の完成を目処に様々な都市開発の計画が進んでいたのだろうけど、当の空港の方がほぼ頓挫している状態。
多くのベルリン市民は、今現在もベルリンの玄関口として使われているTegel空港の方がお気に入り。
別に新しい空港なんて必要ないと思っている人も少なくない。(僕もその一人)
ドイツとしては、首都の街で小汚い街っていうのが世界的に見たら恥ずかしいのかもしれないけど、僕はそんな景色が好きだったし、変わらないでほしいと今でも思っている。

このベルリンという街は、いま変わろうとしている。今のベルリンが好きな人も多いだろうけど、長く住んでいる人にしか見れなかった景色がある。僕はそっちの方がベルリンらしさがあったんではないかと思う。

だから僕は最近、工事現場を見ると寂しさを覚えることが多い。



Berlin | コメント:0 |

ドイツらしい週末

先週末は40℃近くまで気温が上がったベルリン。
暑いのが嫌いな僕にとっては嫌な季節です。

土曜日は僕のホストファミリーの父親、Pitのお誕生日ということで、ベルリンから少し南に下りたPrierosと言うところに行ってきました。

5年前にもきたことのある場所。湖に面した静かなところです。

(写真は夕方に携帯で撮影)

日中はみんな湖で泳ぎ、
20150704-KHP_2917.jpg

途中から子供、若者は飛び込み大会
20150704-KHP_2938.jpg

遊んで、グリルして、久々に1日をゆっくり過ごしました。



Berlin | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。