舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

シーズン終了

ソフトボールの今シーズン、僕の所属するCrosshill Creepsは準優勝でした。

 決勝1試合目は打線がつながらず9−1で敗戦。2試合目はエースピッチャーを欠き、これまで対戦した相手のデータを頭の奥から引っ張り出して徹底的にチェンジアップを打たせて取る配球で試合自体は僕の思うように進んでくれましたが、1球の失投が命取りになり、12−9で負け。念願の優勝は来年に持ち越しです。

 相手クリーンアップに長打を打たれることなく、外野フライ、もしくはシングルで抑えられた。失点の多くは守備のミスからくるもの。相手としてはもっと点は取れると思っていただろうだけに、4回途中に相手のエースを引っ張り出し、逃げ切ろうという策に出たようですが、それでもなかなか点が奪えない展開に相手も相当焦っているようでした。
 試合には負けたけど、キャッチャーとしては勝負に勝ったと思います。  

今シーズンはキャッチャーとして自分なりにコントロールできた試合が多かった反面、バッティングではあまりチームに貢献できませんでした。でも逆を言えば、みんなが点を取ってくれるから、僕はキャッチャーに集中できたと思います。

 今シーズンにかけていただけに、僕は絶対に負けたくはなかった。
でもどんな運命のいたずらか、そういう時って7回2アウトで打順が回ってくる。3点ビハインドで、僕がヒット打ったところでそこから逆転するのはなかなか難しいことではありますが、何としても塁に出たかった。 
追い込まれて2球ファールで粘り、外角高めの球をカットしにいったんですが、ボールに当てることはできたのに、結局キャッチャーに捕球されて空振り三振で試合終了。 

 喜ぶ相手キャッチャーが目に入った。ゆっくり歩いてベンチの方に戻った。ネクストバッターズサークルにいたJasonが「よく頑張った」と迎えてくれた。ベンチから出てきたDanielも迎えてくれた。「打てなくてごめん」って言った途端、頭の中で「負けた」という現実がわかった時、急に涙が出てきた。僕はDanielに抱き抱えられながら何度も「ごめん、ごめん」と言って溢れる涙を止めることができなかった。 
 
気がついたら、ベンチの前でチームのみんなが僕を囲んでくれていた。 

 僕はこのチームに入ってよかったと心から思った。2006年10月2日にドイツに降り立った10年後のこの日。誰も知り合いのいないあの日から、僕は最高の仲間たちに出会っていた。 

 このチームもいろいろあった。僕がこのチームから出たこともあったけど、結局戻ってきた。その時も暖かく受け入れてくれた。チーム内にメスをいれたこともあった。それでチームの雰囲気が良くなっていい選手も来るようになった。  

Jasonが昨日言ってくれた「今のこのチームの基礎を作ったのはお前なんだ。孝平に感謝してる。」 その言葉が嬉しかった。 

 とりあえず最低目標である来年の全国大会への切符は手にできた。来年ももちろんリーグ優勝を目指しますが、全国大会で少しでも上の順位に行けるように頑張りたい。 
 そして、僕は生涯Creepsでプレーすることを決めました。Creepsの背番号24番は誰にも譲りません。いつかCreepsの永久欠番にしてみせます。



スポンサーサイト
Softball | コメント:0 |

シーズン開幕

今日はソフトボールの今シーズン初戦。
僕がこのリーグでプレーして10年目のシーズン。

毎年シーズンの初戦というものは、相手がどうであれ緊張します。

今シーズンからうちのチームは2チームに分かれ、僕はオレンジチームでプレーして、主に初心者に経験を積ませるブラックチームでコーチをすることになりました。

今日はオレンジチームの初戦。
9番キャッチャーで先発出場。結果5打数無安打三四球 2盗塁。

金曜日の練習で素振り100回やって、両肩が筋肉痛。バッティングで一番力を入れるところで力が入らない。
相手ピッチャーもコントロールが安定していなかったので、無理に打ちに行ってアウトになるよりはと、途中からバットを全く振ってません。

他のメンバーが調子良さそうだったし、僕は塁に出る事が仕事なんで、あとはお任せしてました。

結果コールド勝ち。

この冬、全くキャッチャーの練習していなかったので、ちょっと始めはキャッチングも荒く、ピッチャーは投げにくかったと思いますが、2イニング目から僕もピッチャーも感覚を取り戻し始めたんで、あとは体で覚えた通りに動くだけ。

やはりキャッチャーからに眺めは格別。
まだまだな部分もありますが、最低限、扇の要としての役割は果たせた。

そしてこの冬のジム通いの成果は、まずまず。ちょっと下半身に比重を置いていたんで安定はしてたけど、上半身とつなぐ腹筋が追いついて無いことを痛感。
また今後の課題ですね。

まあ初戦を勝っていいスタートを切れました。



Softball | コメント:0 |

シーズン終了

今シーズンのソフトボールが終了しました。先週末に決勝戦があり、第1,第2試合を落して結果準優勝で終わりました。

特に第1試合は相手ピッチャーの速球にタイミングが合わず、3三振を喫し、チームは12-1で完敗。翌日は善戦し、前日に打ち込めなかったピッチャーを打ち込んで延長9回まで行きましたが、26-21で敗北。
でも、不甲斐ない試合内容ではなく、チーム一丸となって、最後の最後まで食らいついていくプレーは、相手チームにとっても脅威であり、見ている観客も大盛り上がり。
僕個人としては先日のピッチャーと4打席対戦し、2死球2安打3打点とリベンジは出来たかと思います。

IMG_9567.jpg

ただ、結果として負けましたが、相手にいろいろと思うところもあり、ここ数年このチームと対戦しても面白いと思うことが無いのも事実。選手たちは大抵いい人達なんですが、勝つためには手段を選ばないというチームなので、こちらがどれだけフェアプレーに徹してもそんなことはお構いなし。
毎回のことながら、もっとフェアにやれないのかと思います。



Softball | コメント:0 |

シーズン開幕

今日は今年のソフトボールリーグ初戦。

冬の間に新しいメンバーも増え、今日のCreepsは18人の大所帯で、ベンチは人でいっぱい。
昨年までいつも人数ギリだったり、女性が少なくて他チームから借りてきたりだったのですが、今年はチームの雰囲気も良くなり、なかなかいい状態で初戦を迎えることが出来ました。 

今年はオープニングセレモニーがあり、リーグの代表による始球式でなぜか僕がキャッチャーをやることに。
10268704_10152183480769492_7601592747882918261_n.jpg
インハイに食い込む厳しいボールでした。

さて、試合の方はと言いますと、今日はGastなので先攻。僕は9番キャッチャー。(あんまりバッティング練習してなかったので、調度良かったです。しかも1打席目振り逃げでしたし。)トリーがいつの間にか組んでたオーダーに若干の不安があったんですが(いつもなら相談して決めるんですが、今日は人数も多く試合前の練習とかを見るのに僕は時間なくて。。。)初回に5点を取って大きくリード。しかし不安的中。外野三人の相次ぐ凡ミスにあっという間に3失点。さすがに僕もブチ切れ。内野で2アウト取って、ランナーの盗塁を刺して3アウトチェンジ。次の守りから外野三人交代させました。

この守りがきっちりハマって、その後は大きなミスもなく得点を重ね、有利な展開で試合を進め、無事に初戦を勝利でがざることが出来ました。僕一人だけフルイニング出場。(他にキャッチャーいないんで・・・)

10007526_10152481169987122_8007795596165355831_n.jpg

打撃成績は5打数2安打(1・三振振り逃げ 2・四球 3・遊飛 4・左2 5・右2 6・一失)1盗塁 1打点
盗塁阻止数 1

今シーズンはバッティングよりも、DP使って(野球で言うDH)キャッチャーとしてチームに貢献しようと思います。




Softball | コメント:0 |

6年で感じる、人間の老い

 さすがにドイツ生活6年目になるといろんなことを感じてきます。まあドイツの役所の人たち(特におばちゃんたち)の融通の効かなさは変わらないですが、少なからず僕の周りの人たちを見ると如実に感じるのが【老い】。

 ドイツに来てソフトボールのリーグでプレーをして早6シーズン目。僕も中堅選手になってきて相手チームにもどんな選手かも分かられてきている訳ですが、僕自身自分の体力の衰えを感じる時が多々あります。
 
 チームに入ったときはそれまでの運動不足もあって、筋肉痛との戦いが続いてはいました。がそれは時間を重ねるによって体力もついてきて、そこそこのプレーはできていたつもりです。ただ、最近感じるのはやはり【足の筋力の落ち】

 もう少し盗塁も早く走れていたと思うんですが、最近は練習も行けていないので特に足の遅さを感じます。

 でもさらに感じるのがチームメイトの体力の落ち方。3,4年前にも同じチームでやっていたドイツ人がチームにはいるんですが、彼は最近特に身近で見てて感じます。足が遅くなり、以前はバンバン取ってたボールにも追いつけなくなり、打っても以前みたいに走れない。バッティングも速い球にはタイミングが全く取れなくなりました。

 彼は僕よりいくつか年上。少なからず僕より身体能力はあったんですが、彼を見てると数年後の自分が目の前にいるようで、その時の自分はその現実をどう受け止められるんだろうかと考えています。たぶん、彼は薄々感じているのかもしれませんが、まだその現実を信じたくないんだと思います。
 『もう辞めればいいのに』とは思いませんけど、彼が無理して大怪我なんかしたらそれこそ大変な事になってしまいます。だれだってそうだと思いますが、チームメイトが怪我するのなんて見たくはありませんからね。


 僕らはソフトボールでお金をもらってるプロじゃないですし、ただ普通の草リーグ。楽しく出来ればそれでいいと思うんです。みんなそれぞれ家庭や仕事があるわけですから、趣味でやってる事でそちらに支障をきたす事は、極力避けたいことです。

 いつかはやって来るであろう現実を、皆さんならどう受け止めますか?


Softball | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。