舞台写真家【廣津孝平、】やったもん勝ちドイツ日記

音楽留学からカメラマンに転向したドイツ・ベルリン在住の舞台写真家【廣津孝平、】のBlog。ヨーロッパ中のオペラやコンサート撮影、カメラマンとして日々思っていること、写真のことや趣味のソフトボール、我が家の猫たち、バイクのことなどツラツラ綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Blog お引越しのお知らせ

この度、新しく自分のホームページ作成に伴いまして、Blogも新しいページで更新したいと思います。

今後はこちらのホームページからご覧ください。



このFC2でBlogを始めたのが2008年12月からでした。
当時はまだ音楽をやめた直後。ハンブルグに住んでいた時。

「写真をやろう!」

と漠然に意気込んで、まだ写真の撮り方もままならない僕が、カメラを持ってハンブルグ近郊の街に行ったり、クリスマスの時期に妻(当時交際中)とプラハに行った記事が最初でした。

あれから8年が過ぎました。
このFC2始める前にヤフーブログ、AOLブログもやってましたが、そのどちらもサービス終了に伴って今になっては見ることもできない。
どんなこと書いてたっけな〜って、今は見られない、ドイツに来たばかりの僕の生活。
そう言う時に、ネット媒体ではなく、ちゃんと日記をつけていれば読み返すことができたんですけどね。

僕にとって、こちらでブログを更新していた8年は激動の8年だったと思います。
音楽を辞めたあとからこのブログを始めたので、今となっては音楽で苦しんでいた時期のことがないのが残念です。

あの時自分はどのように考えていたんだろう?
何を綴ったんだろう?

僕自身の記憶も曖昧。
不思議なもので、人間たまに辛い時の記憶が残らないんです。
自己防衛なんでしょうか?本当に不思議です。僕にはハンブルグでの生活の記憶がほとんど残っていません。
もし今後僕が何らかの形で楽器をまた手にする時、あの時の経験はもしかしたら何かの役に立つかもしれなかった。
でも、その時になったら急にフッと思い出すかもしれない。できれば、それに必要な記憶だけ思い出したいものですが。

このブログは、消さずにFC2Blogのサービスが終わるという時まで、このままにしておきます。

このブログを通じていろんな方と出会いました。
連絡くれた方、ドイツであった時に、「Blog読んでました」と言ってくれた方。
お仕事のご連絡もいただきました。

なぜか知りませんが、ドイツに来る前の方々が、結構このブログを目にする方がいるそうです。
こんなつまらないブログを見ていただきましてありがとうございました。
しかしBlogも大事な宣伝ツール。
今後は更新するページは変わりますが、「やったもん勝ち」の精神は変わりません。

今後とも、広津孝平と言う人間、そして、廣津孝平、と言う舞台写真家の応援、よろしくお願いいたします。

2017年4月8日 ベルリンにて

広津孝平 廣津孝平、





スポンサーサイト
Leben | コメント:0 |

似てる非なるもの

街で見て、妙に似てるな〜と思って、思わず携帯で撮影。



JR.jpg 

と、



気のせいでした。



Leben |

春めいて来ました

3月末になり、多少の天気の崩れはありますが今日明日は20度を超える陽気になるベルリン。

後ほどBlogも更新しますが、一昨日はKomische Operにて舞台撮影。
今回はプロジェクトマッピング無しだったので、撮影しながら音楽も楽しめました。

ここ最近の陽気で、我が家のプランターには紫蘇の目が出始めました。
20170331-KHP_0436.jpg

もうかれこれ我が家の紫蘇も4代目か5代目。
植えていた紫蘇から種ができ、翌年の春に種をまき、芽が出て大きくなってまた種を作る。
特に去年は、今も余るほどたくさんの種ができました。
今年もたくさんできて欲しいな〜と願うばかりです。

ここ数日は新たなWebサイトの作成に机に向かう時間が多い。
しかし所詮はネットに関しては素人。ちょっと知識がある人なら1〜2時間くらいでできてしまうものが、僕にとっては1日掛りだったり。
自分の勉強のためにも、と思ってやってはみたものの、まだ2〜3日ですがなんどもやめたくなったりもしましたし、解決策をネットで見つけても、僕が同じように進めると、なぜか変更しなきゃいけない項目が見つからないとか、そうなったら僕にとってはもうお手上げ。
やればやるほど、ドツボにはまっています。

そればっかりやってるわけにもいかないので、日が出ているお昼の時間に思い切って猫をシャワーで冬毛の一斉除去。
 

Lunaはそこまで暴れないので(体も大きくないし)なんとか一人でシャワーしました。
しかしさすがにLunaも少しご立腹の様子。。。
他の二匹は、危険(?)を察知して隠れました笑




Leben | コメント:0 |

webサイトリニューアルに向けて

突然ではありますが、今日から自分のwebサイトのリニューアルに向けて色々と調べています。 
今現在はFC2のドメインを取得してホームページを作成していました。FC2ではBlogをもうかれこれ8年くらいお世話になっているので、ホームページの作成の時も、あまり深く考えずその流れで申し込んで、なんとか頑張ってやっては見たものの、色々な制約、やりにくさを感じるようになり、もうお手上げの状態に。。。そこで以前もこのブログにも書きましたベルリン在住のイラストレーター・漫画家の高田ゲンキさんに相談させていただきました。

お忙しい時間に色々調べて教えていただきまして、本当にありがとうございました。

これまでインターネットとはブログ、調べ物、動画などなど大してスキルも必要のないものばかりで関わってきた僕ですが、ちょっと本腰を入れてお勉強を始めました。

たくさんの人が見てくれるような、わかりやすく、僕も更新しやすい(これが一番重要だったりするw)Webページにするにはどうしたら良いのか、を考える前にやることもたくさん。

今回新しくドメインも取得しました。
koheihirotsu.photography

今後はこのドメインでWebやメールアカウントを管理していこうと思っています。
もしかしたら、このブログもリニューアルしていこうするかもしれません。

でも前に思い切ってたくさん名刺がけっこう残っちゃってるので、古いメールアドレスもしばらくは使えるようにしておかないといけませんね。。。







Leben | コメント:0 |

営業の大切さ

舞台写真家として新たなスタートから2ヶ月。
この2ヶ月は主に【営業】に重点を置いて過ごして参りました。

最近知り合いになったベルリン在住のイラストレーター・漫画家の高田ゲンキさん。高田さんが定期的に更新しているご自身の体験などを綴っているマンガ、【ライフハックで行こう!】でも、ご自身が会社を辞めてフリーになってからの営業のことが綴られいています。

日本人が海外で仕事して行くのはなかなか大変なこと。
ましてや僕は今のところ完全にドイツを中心に営業活動をしていて、これまでに2000通以上のメールを送りました。

まずは履歴書を作り、自分の舞台写真のポートフォリオを作成。
ここで一つ問題が。普段であれば、履歴書と自分がその仕事に対してどのような意気込みを持っているかという文章を送るのですが、僕はメールに意気込みを書き、履歴書とポートフォリオを添付。
このポートフォリオの容量を下げなければ、メールに添付できない。かといって画質を下げることもできないので、写真を選んでなんとかメールに添付できる容量に抑えた。

それでもいくつかのメールが届かずに帰ってくる。
受け取る側の容量がさらに低い。

それで僕が思いついたのがポートフォリオをDropboxにアップして、メールにはアドレスを添付する。
それでまた帰ってきたところに送り返す。

それでもメールが返ってくることもある。
宛先不明。
そのメールアドレスを検索して、Webサイトに行き、別のコンタクトを探す。

そうこうしてると通常に送信できたところから返事が来る。

「カメラマンとしての応募ありがとうございました。残念ながら、今現在空きがありません・・・・」

まあこんなメールがこれまでに300〜400通。
そのだいたい8割くらいは「残念ながら〜」という返事ですが、残りの2割の中には「興味ありません」や「必要ありません」、「うちは今のカメラマンに満足してますし、今後も変える気はないのでもう送ってこないでください」。ひどいのが【撮影に是非来てください。でも写真は送ってこないでください。うちは専属がいますのであなたの写真は必要ありません」
さすがにプチーン!と来ましたね。撮影しにいって写真送りつけてやろうと思ってます。(笑)

今のところ希望のある返事は約10通くらいでしょうか。

2000通以上送ってこんな感じです。
返信が来るのは2割。いい返事は0.5%。

営業って【家探しに似てるな】と思いました。

とりあえずこの結果を見て、がっかりではなく、とりあえず種まき完了!と考えています。

2000通以上の営業メールを送って、ほとんどの相手は僕のことや僕の写真を目にしたはず。
頭の中に僕の存在を埋め込むことに成功した。
あとは水やり。劇場のシーズンが入れ替わる前にもう一度コンタクトを取って、シーズン開始前の改変メンバーに入れればいいわけだ。
いくつかの劇場からは、「夏くらいにご連絡致します」という返信ももらってはいるが、念のため春先に自分から詳細を聞いてみようと思っています。

そして、ここ最近は日本に向けた営業。
平日にスーツ着て営業の外回り。手帳の予定もどんどん埋まってきた。
こちらの種まきもしっかりやって行きたいが、喋るのは好きだが営業トークっていうのは苦手。
日本に帰るまでにその辺も勉強しなければいけません。

フリーで生きて行くには営業が必要不可欠。
待ってたって何も来ないし変わらない。ただ、僕は自分の仕事に対する気持ちをしっかり伝えていかなければならない。

来年をどういった気持ちで迎えられるか。
それは今どれだけ動くかにかかってる。



Leben | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。